喪中に初詣はダメ?お守りはどうする?行ってしまった場合は?

お正月といえば初詣。
毎年、神社へ参拝してお守りも買っているんだけど
今年は喪中…

確か喪中のときは参拝してはいけないって
聞いたことがあるけど、やっぱり控えるべき??

できれば初詣に行きたいし
お守りだって買いたいし返却もしたい。
おみくじも引いてはいけないのかな?

いやいや、知らずに行ってしまったよ!!

という方々に向け、今回は
喪中時の初詣についてお伝えしていきます。

続きを読む 喪中に初詣はダメ?お守りはどうする?行ってしまった場合は?

鏡餅にカビが生えたら食べられる?毒性はある?防止方法を知りたい

正月気分も落ち着き、日常を取り戻しつつあるころ
鏡開きがありますね。

地域によってバラつきがありますが、
関東では1月11日を鏡開きとしています。

鏡開きとは正月に神様や仏様にお供えをした
鏡餅を下げ、食べる風習のことを言います。

お供えをした鏡餅には神様の力が宿っているとされ、
神様や仏様に感謝しながら食べることにより、
家族の無病息災を祈願します。

そんなありがたい鏡餅。
いざ鏡開きをしようと思ったら

あれっ!?

カビが生えてる!?

このような場面に出くわしたことがある方は
決して少数派ではないでしょう。

カビの生えた鏡餅は食べられるのか、
毒性はあるのか。

そもそも今年こそはカビを生やしたくない!

そんな毎年の悩みを今年は回避できるよう
参考にしてください。

続きを読む 鏡餅にカビが生えたら食べられる?毒性はある?防止方法を知りたい

冬至|ゆず湯(ゆず風呂)の作り方や効能を紹介。使用後のゆずは?

12月22日は冬至です。(2017年)

日本では古くから冬至にゆず湯(ゆず風呂)に入ると
『風邪をひかない』と言われています。

冬至とゆずの関係は明らかではないものの、
ある一説では湯治(とうじ)=冬至(とうじ)
柚子(ゆず)=融通(ゆうずう)の語呂合わせであるとか。
(融通はこじつけとも言われているようですね…)

他に、運を呼び込むために体を清める禊として
冬至という大事な日にゆず湯に入ったとも言われています。
昔は毎日お風呂に入っていませんでしたからね。

というわけで、今回はゆず湯の作り方と効能
そして使用後の柚子はどうするかをご紹介します。

続きを読む 冬至|ゆず湯(ゆず風呂)の作り方や効能を紹介。使用後のゆずは?

喪中の年賀状の返事をする時期はいつ?文例を紹介!メールはあり?

前年に身内を亡くしたため喪中はがきを送り、
静かな正月を過ごしていたものの
年賀状が届いてしまうことがありますよね。

喪中はがきを送っていた方や、
例年やり取りしていなかった方から受け取ったり

もしくは喪中はがきを出しそびれていたなど
理由はさまざまかと思います。

この場合、返信はいつするべきか、
どのように書くべきか、
メールで済ませても大丈夫かなど
悩まれることが多くなると思います。

今回は上記の悩みを解決すべく調べたことを
まとめましたので、お役に立てていただければと思います。

続きを読む 喪中の年賀状の返事をする時期はいつ?文例を紹介!メールはあり?

お歳暮の時期は関東や地方で違う?いつまで贈る?気を付けたいマナー

今年も残りわずかとなってきました。
師走の忙しい時期に向けて色々準備されているかと思います。

なかでも、お世話になったあの人に感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈ろうと
考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

年末商戦の売り場が新設されたスーパーや百貨店を見て回り、
贈るものが決まったものの、住まいの地域の慣習による時期が分からなかったり、
先方の事情で贈っていいものかなどで悩んでいませんか?

いつからいつまで贈るのがベターなのか
相手が喪中のときにお歳暮として渡していいのか…など
時期やマナーを、ここでしっかり確認しておきましょう。

↓お歳暮の関連記事はこちらも↓
習い事の先生にお歳暮は必要?贈る場合の相場と渡し方をご紹介

続きを読む お歳暮の時期は関東や地方で違う?いつまで贈る?気を付けたいマナー

習い事の先生にお歳暮は必要?贈る場合の相場と渡し方をご紹介

子供の習い事、自分の習い事…

この時期になると習い事の先生へ
お歳暮を贈るべきか悩む方も
いらっしゃるかと思います。

贈る必要はあるのか、
贈るなら相場はどうか
などをまとめてみました。

悩んでいらっしゃる方は是非
参考にしていただければと思います。

続きを読む 習い事の先生にお歳暮は必要?贈る場合の相場と渡し方をご紹介

喪中はがきで知った訃報の場合の香典は?線香や手紙がベストな理由

この時期になると、年賀状の準備を始めようかというときに、
喪中はがきを受け取るということもあるのではないでしょうか。

学生時代に親しくしていた友人の親の不幸を知らせるものであったり、
もしくは亡くなったのは友人自身で身内の方からの知らせの場合など…

一概には言えませんが、毎年年賀状交換をしていた程度から
1年~数年に何度か会うくらいの付き合いの方から受け取ることが
多いのではないでしょうか。

受け取った後の対応となりますと、相手方のお亡くなりになられた時期や
事情にもよりますし、またご自身の現在の立場(遠方に住んでいる等)
によっても様々なパターンがあるかと思います。

とはいえ、とりあえず香典を送らなきゃ!と考えてしましがちですが、
今回は相手方にも配慮した対応方法をご提案します。

続きを読む 喪中はがきで知った訃報の場合の香典は?線香や手紙がベストな理由