網戸の掃除には新聞紙やエチケットブラシを活用!天気にも注意!

大掃除のシーズンですね。

普段あまり掃除しないところも
徹底して綺麗にしたいですよね。

網戸もその一つではないでしょうか。

網戸は外気の汚れなど想像以上に酷く
指で触れただけで真っ黒!!
と意外な汚れにビックリしてしまいます。

とはいえ窓に比べると掃除の頻度は
低いのではないでしょうか。

しかし、実際網戸を掃除しようにも
どのようにすれば綺麗にできるか
わからない方も多いと思います。

窓ガラスのように拭くだけでは
網目の細かい汚れは落ちません。

今回は簡単に網戸の掃除をするために
新聞紙やエチケットブラシを使用した方法や
知らないと損する最適な天気をご紹介します。

ピカピカの網戸で気持ちの良い年を
過ごせるようご参考ください。

  

網戸の掃除に新聞紙を使う!?

網戸の掃除方法を調べると新聞紙を使う
という方法が有名なようですね。

網戸に新聞紙??

網戸を新聞紙で拭くのかと思いがちですが…

●網戸の外側からセロハンテープなどで新聞紙を貼る
●内側から掃除機で吸い込む。

というのが新聞紙を使用した掃除方法です。

何も貼らない状態で掃除機を使用しても
網目の間の空気を吸うだけで大して
埃を吸うことができないためです。

新聞紙以外に包装紙など
不要な大判の紙でもOKです。

もし網戸の取り外しができなく、かつ
ベランダのない2F以上のお部屋で行う場合は
窓から身を乗り出したりせずに
気を付けて貼るようにしましょう。

網戸の掃除にはエチケットブラシを活用!

網戸掃除にはエチケットブラシもおすすめです。
エチケットブラシを水に濡らして拭くだけです。

これだけで驚くほど網戸が綺麗になります。
また、エチケットブラシ自体は
洗えば繰り返し使うことができます。

100均のもので十分ですが、
今は網戸掃除用のエチケットブラシも
販売されています。

網戸を外さずとも綺麗にできるので
手軽さナンバーワンです!

意外と部屋側に埃は入らないようですが、
心配な方は床に新聞紙を敷くといいでしょう。

網戸を掃除する日は天気に注意!

網戸や窓掃除をするうえで意外なことに
天気が関係していることをご存知でしたか?

特に水を使用した掃除をするなら
すぐ乾くよう快晴の日を選びがちですが、
実は曇りの日が最適な日なのです。

たしかに天気が良ければ網戸はすぐ乾きます。

が、それゆえに拭いた後の汚れが固まり
落ちにくくなってしまうのです。

曇りの日は時間をかけて乾くため
湿気を汚れが吸収して落ちやすくなります。

そのため湿度がある程度高い
曇りの日を選ぶようにしましょう。

まとめ

網戸の掃除に値段の高いグッズを
揃える必要はありません。

家庭にあるもの、100均で買えるもので
簡単に綺麗にすることができます。

また天気に気を付けることで
頑固な汚れに変化することを防ぎます。

この方法で網戸掃除の頻度を高くできれば
大掃除も楽になることでしょう。

是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です