喪中はがきで知った訃報の場合の香典は?線香や手紙がベストな理由

この時期になると、年賀状の準備を始めようかというときに、
喪中はがきを受け取るということもあるのではないでしょうか。

学生時代に親しくしていた友人の親の不幸を知らせるものであったり、
もしくは亡くなったのは友人自身で身内の方からの知らせの場合など…

一概には言えませんが、毎年年賀状交換をしていた程度から
1年~数年に何度か会うくらいの付き合いの方から受け取ることが
多いのではないでしょうか。

受け取った後の対応となりますと、相手方のお亡くなりになられた時期や
事情にもよりますし、またご自身の現在の立場(遠方に住んでいる等)
によっても様々なパターンがあるかと思います。

とはいえ、とりあえず香典を送らなきゃ!と考えてしましがちですが、
今回は相手方にも配慮した対応方法をご提案します。

喪中はがきで訃報を知った場合、香典は送るべき?

とても親しい間柄であれば、亡くなられた際に知らせが入り
その際に香典を渡すことができたかと思います。

喪中はがきで訃報を知った場合に香典は送るべきかというと、
『香典』=お金を包むことは避けた方がいいでしょう。

喪中はがきでお知らせをくださるときは初七日は過ぎ、
慌ただしい葬儀から落ち着きを取り戻している時期の可能性が高いです。
あとから香典返しを準備するのも大変です。

いくら返礼辞退の旨を一筆添えたとしても、
ご遺族としては香典返しをしないわけにはいきません。

また、喪中はがきを送ったことで
『香典』を催促してしまったのでは…
などといった負担を軽減するためにも
『香典』は避けることがベストです。

香典代わりとするならば、お花やお菓子などのお供え物を送ると
相手方へも失礼ではないですし、負担もかからないでしょう。

しかし、急なことであったり、故人やご遺族の意向で
お通夜や告別式の知らせがなかった場合もあるでしょう。
その場合はお悔やみの言葉だけを添え、
寒中見舞いやお花代として送るのが良いでしょう。

付き合いの程度にもよりますが、
金額は3千円か5千円が目安です。

お線香をあげに伺いに行っても失礼ではない?

ご自身が遠方に住んでいる場合は難しいものの、
距離的に可能であれば、線香をあげに伺うのも
ご遺族はありがたいと感じます。

先方に事前に連絡を入れお線香を供えたいと伝え、
都合のよい日時を確認しましょう。

故人を悼んでくれる来訪はご遺族にとって励みと感じます。

気遣いの気持ちの言葉を掛けたり、
故人がお世話になった方であれば昔話をしたり…
そんな時間もご遺族にとって嬉しかったりします。

お手紙で返事をする

お花代やお供え物を送るときは、一筆手紙を添えましょう。
喪中はがきを受け取ったらすぐ返信し、年内に届くことが望ましいですが、
忙しい時期で余裕がない場合、松の内が過ぎてから寒中見舞いとして出しましょう。

書き方は

●頭語や時候の挨拶は不要
●喪中はがきで知ったことを詫びる
●遺族の気遣う言葉で結ぶ

便せんや封筒は白で、縦書きです。
パソコンで作成してもいいですが、
手書きのほうが気持ちが伝わりやすいです。

まとめ

喪中はがきで訃報を知った場合は

・香典は控え、お花代などとして送る
・近距離であればお線香をあげに伺う
・お手紙を添えて返事をする

香典返しなど手間をかけさせるようなことは避け、
気落ちしているであろうお相手を気遣う思いが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です