紅葉の京都|ライトアップ!定番の清水寺、高台寺等おすすめをご紹介

日本に住んでいて良かった~と思える季節の到来ですね♪
秋といえば紅葉!
日本全国紅葉の名所はあれど、やはり京都の紅葉は別格!
さらにライトアップは幻想的でまさに、わび・さびの世界…

そんな京都には見ごたえのあるたくさんの名所がありますが、
ここはやはり清水寺には行っておきたいですね。
そしてライトアップといえば!の高台寺。
高台寺を訪れたからには圓徳院にも行きたいところ。

ライトアップの時間は限られたもの。
だからこそ短い時間で満足のいくスポットをご紹介するとすれば
この3か所がおすすめです。

これから京都の紅葉鑑賞をされる方は是非、参考にしてください。

紅葉の京都|ライトアップの定番でおなじみ清水寺

紅葉を特集する雑誌、テレビなどでは常連さんですよね。
表紙を飾ったのは数知れず、王道中の王道といえば清水寺。
せっかく訪れた京都…やはり清水寺は押さえておきたいですね!

ただし、この期間は大変混雑しています。
また、夜間拝観にはチケット購入が必要なのですが
外国人観光客も多いのですさまじい行列です。
購入には1時間程並ぶ覚悟を…!!!

ベストショットを撮るべくカメラ持参の方々が多くいらっしゃいます。
譲りあいながら最高の情景を収めましょう。

2017年秋の夜間拝観の開催日程は
11月11日 〜 12月3日(17:30 〜 21:00 受付終了)
夜間拝観料:400円

紅葉の京都|ライトアップで映える高台寺

清水寺から徒歩約15分。
豊臣秀吉の妻・ねねが、亡き夫を弔ったとされるお寺です。

大きく壁一面に開けられた吉野窓という丸窓がほっこりかわいい
遺芳庵という茶室と周りの紅く色づいた葉がとても趣を感じます。

そして、なんといっても高台寺の見どころはやはり竹林でしょう。
今いる場所がまるで別世界というくらい幻想的な空間です。

その他、枯山水式の方丈前庭「波心庭」でのプロジェクションマッピングや
臥龍池の水面に映る紅葉は息を飲むような美しさです。

2017年秋の夜間拝観の開催日程は
10月21日~12月11日(日没後~22:00/21:30受付終了)
夜間拝観料:600円

紅葉の京都|ライトアップならここもおすすめ!

高台寺のお隣で、豊臣秀吉の妻・ねねの終焉地である圓徳院。
こちらもライトアップでおすすめのスポットです。

南庭のライトアップされたモミジが絵葉書のように魅せてくれ、
これぞ京都の紅葉!!と思わせるようなTHE・和な空間です。

南庭だけでも大満足なのですが、北庭はまた違った良さに心奪われます。

ライトアップされることによって奥に浮かび上がる石組みが
周りの紅葉とともに綺麗に映え、思わずうっとりしてしまうことでしょう。

圓徳院の拝観料自体は500円なのですが、
なんと、高台寺・圓徳院・掌美術館の共通チケットが900円で
販売されています。

是非、高台寺とセットで観覧していただくことをおすすめします。

情報は直前まで確認を

こちらの情報は、参考情報となります。
実際の夜間拝観の期間・時間等、変更となる場合がありますので
公式サイトを確認するなどご注意ください。

また休日と平日でも混み具合が大きく違うようで、
各所拝観できるまで2時間待ちなどという情報もあります。
時間に余裕を持ち、計画的に鑑賞をお楽しみください。

ちなみに…
以前私が訪れたのは12月上旬の平日だったのですが、
それでも清水寺はチケット購入まで1時間は並んだと思います。

記憶が曖昧なのは真冬にも関わらず、夕立のような雨に打たれながら
泣きたくなるような寒さの中(女一人で)並んでいたからです(涙)
傘はさしていましたが折り畳みだったので、一眼レフの入った
リュックを守るように必死に抱えていました。
その後、本堂を回るころには嘘のように止んだのですが…

清水寺の後に訪れたため高台寺と圓徳院はスムーズに入れましたが、
こちらのスポットも年々人気が増し、日によって大混雑するようです。

事前の下調べで余裕を持ち、和の心を愉しむ素敵な時間をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です