新幹線の予約はいつから?往復での購入の仕方や予約方法が知りたい!

まとまった休日が取れたため、リフレッシュに新幹線で旅行をしようかな~とか
帰省の時期が近いからそろそろ新幹線の切符を買おうかな…など
新幹線を利用して移動しようと考えていらっしゃる方は年間を通していらっしゃいますよね

学生さんや新社会人の方で、初めての帰省で新幹線の切符の購入の仕方がわからなかったり、
混雑する時期であれば確実に指定席に乗りたいけれど、いつから予約したらいいのか…
など意外と知らないことがありますよね。

私もここ数年ちょっと遠出するのに車を使うことが多く、新幹線の利用は年一回程度。
そのため、いざ新幹線で移動しよう!となっても、いつからチケットを購入できて、
往復で購入するにはどうするんだっけ(汗)など忘れがちです。

今回は、そんな私のような久しぶりに新幹線に乗る人や初めての方、
あまり新幹線のきっぷの購入に慣れていない方にも
わかりやす~く、安心して買えるよう少しでもお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク

新幹線のきっぷの予約の開始日はいつから?

JR指定席は乗車日1ヶ月前の午前10時00分から発売を開始いたします
                          えきねっと JR券申込 ご利用ガイド 事前受付より抜粋

例えば、10月15日に出発する新幹線の切符を予約する場合は、
1か月前の9月15日の午前10時00分から販売開始されるというわけです

念のため10月15日の午前7時発の新幹線であっても、販売は10時からですよ

また、前月にない日にちの場合は当月1日の販売になるようです
例)3月29日~31日発の場合→3月1日午前10時00分に販売開始

スタンダードに日帰り旅行や出張をした場合であれば…
例)10月15日の始発で東京から仙台へ行き、日帰りの最終で東京に戻りたい
→ 9月15日の午前10時00分に往復のチケットが購入できる

のですが……2泊3日の旅行とか1週間帰省したい場合、
1か月前に往復で購入できるのでしょうか?

答えは次の章でお話しします

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新幹線のチケットを往復で購入するには?

結論:復路のチケットを購入するにも1か月前の午前10時00分から!!!

つまり10月15日に2泊3日の旅行に出かける場合、
最短でチケットを押さえたいならば

9月15日に往路のチケットを購入し
9月17日に復路のチケットを購入しなければならないということです

閑散期であれば、往路の1か月前に往復分購入してもいいと思いますが
年末年始やGW、お盆などは一刻も早く購入しないと気が気でないですよね

ましてや自由席を設けていない新幹線を利用するとなると絶望感すら漂います

しかし上記のルールもありますので、せっかく行きの新幹線のチケットが
購入できたとしても帰りが取れないリスクはあると心得る必要があります
日程や混雑状況などは充分に下調べをし、他の交通手段を視野に入れることも考えましょう

私の場合はえきねっとの事前受付というものを利用し、少しでも
有利にチケットを購入しています。

次の章でこの事前受付も含め、初心者さんでも簡単に購入できる方法をご紹介します

新幹線の切符を予約する方法が知りたい!

では、いくつか新幹線の切符の予約方法を挙げてみましょう

窓口で購入する

初心者さんには一番安心の購入方法かもしれません
「駅の窓口で○○駅から○○駅まで新幹線を利用したい(切符を購入したい)」
と堂々と伝えましょう
空いていれば、窓側・通路側など要望を伺いながら発券してもらえます

メリット

・出発地から目的地を伝えるだけでOK
・切符の種類が分からなければ、その場で教えてもらえる
・ネットの通信障害の影響を受けにくい

デメリット

・わざわざ駅に足を運ぶ必要がある
・先約がいれば並んで待たなくてはならない

スポンサーリンク

券売機で購入する

駅員さんに話しかけるのはちょっと苦手なんて方は券売機で購入するのがおすすめ
タッチパネルで音声と画面の案内に従って乗降駅、列車などを選択していくだけで簡単に発券できます
JR東日本では体験版、JR西日本ではお試し版という券売機のページを設けているので
一度デモンストレーションしてみてはいかがでしょうか

メリット

・黙々と操作するだけで購入できる
・好きな座席を選ぶことができる

デメリット

・後ろに列ができると焦ってしまい、ゆっくり操作できない可能性がある
クレジットカード決済の場合、暗証番号を失念または設定していないと購入できない

ネットから購入する

JR東日本であれば、えきねっとに登録をしておくと自宅などでゆっくり購入できます

メリット

・駅にわざわざ出向かわなくていい
・自分のペースで購入できる
・発券前であれば手数料のみでキャンセルできる切符がある

デメリット

・会員登録をする必要がある
・クレジットカードの登録が必要
・操作中、ネットの通信障害を受けるリスクがある

事前受付

先ほど私の場合は事前受付を利用しているとお話をしましたが、

パソコン・スマートフォンからは発売開始日の
さらに1週間前(同曜日)の午前5時30分から乗車日1ヶ月前の午前9時54分まで
事前のお申込みをすることができます。
(この場合でも実際に手配を行うのは、乗車日1ヶ月前発売日の午前10時00分からとなります。)
このサービスを使うことで発売開始日に駅窓口などへ並ぶことなく指定席をお申込みいただけます。
                     えきねっと JR券申込 ご利用ガイド 事前受付より抜粋

というサービスなんですね

例)10月15日(土)の切符を事前受付を利用してネットから申し込む場合
→ 9月8日(土)から申し込むことができる

メリット

・1週間早く希望を出すことができる
・第3希望まで申し込める

デメリット

・座席の指定がザックリとしかできない
・必ずしも席を用意できると約束されているわけではない

まとめ

新幹線の予約は1か月前の午前10時00分から
1か月より先であれば往路のチケットは同日購入できない
メリット・デメリットを見極めて自分に合った方法でチケットを購入する

一度自分で購入して乗ってしまえば難しいものではないと思うことでしょう
今回窓口で購入した方も、同じルートであれば券売機やネットを利用することは
案外たやすいのではないでしょうか

最後までお読みくださってありがとうございました!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする