お歳暮の時期は関東や地方で違う?いつまで贈る?気を付けたいマナー

今年も残りわずかとなってきました。
師走の忙しい時期に向けて色々準備されているかと思います。

なかでも、お世話になったあの人に感謝の気持ちを込めてお歳暮を贈ろうと
考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

年末商戦の売り場が新設されたスーパーや百貨店を見て回り、
贈るものが決まったものの、住まいの地域の慣習による時期が分からなかったり、
先方の事情で贈っていいものかなどで悩んでいませんか?

いつからいつまで贈るのがベターなのか
相手が喪中のときにお歳暮として渡していいのか…など
時期やマナーを、ここでしっかり確認しておきましょう。

↓お歳暮の関連記事はこちらも↓
習い事の先生にお歳暮は必要?贈る場合の相場と渡し方をご紹介

スポンサーリンク
  

お歳暮の時期は関東や地方で違うの?いつまで?

お歳暮を贈る時期は多くの地域の場合、12月10日~20日までになります。
全国的にこの時期が多いようですが、関東地区の場合12月1日(初旬)~が一般的です。

また、関西地区では12月13日~と定めているようです。
これは「正月事始め」に由来していて、正月の準備に取り掛かる日とされています。
そのため関西地区に送る場合は、12月13日に指定しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

「お歳暮」=「歳の暮れ」なので12月31日まで届けばといいと思われますが、
年の暮れは誰しもが忙しく、慌ただしい日々を送っています。
そのような時期にお歳暮の受け取りは不快な気持ちを与える可能性があります。
ですので、遅くても12月25日までには贈るようにしましょう。

お歳暮の時期のマナーで気を付けることは?

先ほど、遅くても25日まで贈るようにとお話ししましたが、
あまりの忙しさにどうしても年明けになってしまう場合もあるかと思います。
その場合は「お歳暮」としてではなく「お年賀」もしくは「寒中見舞い」として贈るようにしましょう。

「お年賀」は三が日(元日を避ける)または松の内の期間に、
(松の内は関東では1月7日まで、関西では1月15日までの期間)
それを過ぎた場合は立春まで「寒中見舞い」として贈りましょう。

また、自身や先方が喪中などの場合お歳暮を贈っていいのか迷われるかと思います。
結論から申し上げると自身や先方が喪中の場合でも、お歳暮を贈ることは差し支えありません。
お歳暮は普段お世話になっている感謝の意で贈るため、慶事ではないので贈って構わないのです。

しかし忌中(49日以内)の場合、「松の内」の期間が過ぎ、忌明けに寒中見舞いとして贈りましょう。
熨斗は、紅白の水引は避け白無地の奉書紙に「お歳暮」と表書きをするか、略式の短冊にします。

また忌明けの喪中であっても、先方が気を落としている可能性がある場合は、
忌中同様に寒中見舞いとして贈るようにするといいでしょう。

まとめ

お歳暮を贈る時期は12月10日前後が一番最善といえそうです。
ただし、関西地区は12月13日を指定しておくと無難なようですね。
お相手の事情を考慮し、その際は時期をみて寒中見舞いとして贈るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする