喪中に初詣はダメ?お守りはどうする?行ってしまった場合は?

お正月といえば初詣。
毎年、神社へ参拝してお守りも買っているんだけど
今年は喪中…

確か喪中のときは参拝してはいけないって
聞いたことがあるけど、やっぱり控えるべき??

できれば初詣に行きたいし
お守りだって買いたいし返却もしたい。
おみくじも引いてはいけないのかな?

いやいや、知らずに行ってしまったよ!!

という方々に向け、今回は
喪中時の初詣についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
  

喪中のとき初詣は行ってはダメ?

喪中のときに神社へ初詣に行ってはいけないと言われる理由は、

神社では死=ケガレ(穢れ)

とされ、死を不浄なものとしています。

仏教では死をケガレとはしていないので
お寺への参拝は制限されていません。

また、ケガレは「気枯れ」とも言い、
近しい人が亡くなったことにより気が枯れた状態、
自分の気が低下している状態を表しています。

しっかり正常な状態に戻し神様と向き合えるようになってから
参拝しましょうという意味も込められているのです。

ケガレとされるのは忌中の期間となります。
忌中の日数は、大まかですがこのようにされています。

父母・配偶者…50日(神道)
兄弟姉妹・子供…20日
祖父母…30日
叔父・叔母…20日
従兄弟・甥・姪…3日

この期間は結婚式などのお祝い事の参加や
神社への参拝は避けましょう。

一般的には四十九日が明けると忌明けといいますね。

喪中であっても、忌明け後であれば
初詣に行ってもいいということになります。

ただし、父母や配偶者が亡くなった場合は
1年を忌中とする地域もあるので、慣習など気になる方は
周りの意見を聞いておくといいかもしれません。

喪中の際のお守りの購入や返却の方法は?

忌が明けていれば喪中でも初詣は大丈夫なので
お守りを購入・返却、おみくじも問題ありません。

しかし忌中であれば初詣は控えたいので、
その場合は忌明け後に購入するか、
知人にお願いするといいでしょう。

お焚き上げは年中しているので急ぐことはありません。

破魔矢など正月にしか販売されていないものであれば、
忌明け後まで預かってくださる神社もあるようです。

その際は先に破魔矢の初穂料を納める必要があるでしょうから
事前に神社に連絡をして納付方法など伺うようにしましょう。

スポンサーリンク

喪中なのに初詣に行ってしまった場合は?

実は私も喪中なのに行ってしまいました。

なんとな~く喪中時は避けるべきとは聞いていたものの
気の持ちようだ!と思っていたんですよね…汗

しかし私の場合忌中は過ぎていましたので
気にする必要はないようですね。

忌中が明けた喪中であれば、
新年も明けた!喪も明けた!
と割り切ってしまうのもいいようです。
せっかくの新年、新しいスタートですからね。

ではもし、知らずに
忌中に参拝してしまった場合は…

忌中明けにお祓いをしたり、
お詫びに参拝してはいかがでしょうか。

まとめ

忌中明けであれば喪中であったとしても
初詣に行って大丈夫です。

忌中のときはお寺に行くようにしましょう。

初詣には旧年、無事に過ごせた事に対する
感謝の気持ちを伝え、新年のご挨拶を神様にする
という意味が込められています。

初詣に行こうと思う気持ちは、
悲しみを乗り越え気持ちを新たにしようという
表れでもあります。

いい一年を過ごせるようにしっかり挨拶しましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする