鏡餅にカビが生えたら食べられる?毒性はある?防止方法を知りたい

正月気分も落ち着き、日常を取り戻しつつあるころ
鏡開きがありますね。

地域によってバラつきがありますが、
関東では1月11日を鏡開きとしています。

鏡開きとは正月に神様や仏様にお供えをした
鏡餅を下げ、食べる風習のことを言います。

お供えをした鏡餅には神様の力が宿っているとされ、
神様や仏様に感謝しながら食べることにより、
家族の無病息災を祈願します。

そんなありがたい鏡餅。
いざ鏡開きをしようと思ったら

あれっ!?

カビが生えてる!?

このような場面に出くわしたことがある方は
決して少数派ではないでしょう。

カビの生えた鏡餅は食べられるのか、
毒性はあるのか。

そもそも今年こそはカビを生やしたくない!

そんな毎年の悩みを今年は回避できるよう
参考にしてください。

スポンサーリンク

鏡餅にカビが発生したら食べられるの?

カビの生えた鏡餅を見てフリーズした後に
脳裏によぎるのは

これ…食べられるのかしら…

私の場合はそうなのですが(汗)

結論から言うとNO!

『パンにカビが発生したとき、その部分だけを
取り除いて食べれば大丈夫というのは誤り!』

というのと同じ理論です。

一見、カビが生えていないように見える部分にも
カビの菌糸が伸びている可能性があるんですね。
餅は硬いから…はあまり関係ありません。

「昔は餅に生えたカビなんて削ぎ落として食べてたし、
特に体に異変なんて感じなかった」

なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、
それって実は危険なことだったのです。

スポンサーリンク

たしかに一言でカビといっても、
全てが体に害があるわけではありません。
身近には”チーズ”がいい例でしょう。

しかし、家庭の保管状況で意図せず発生してしまった
餅のカビの場合はどうなのでしょうか?

「ちょっとくらい大丈夫でしょ」
なんて言えない理由は次で触れていきます。

鏡餅に発生したカビに毒性はある?

お餅に発生しやすいカビの種類は
無害なものから有害なものまで含まれています。

つまり、毒性のあるカビも発生している可能性があります。

有害なカビが引き起こすリスクとして

*食中毒

*発がん性

*アレルギー

と人体に悪影響を及ぼすものが含まれているのです。

また、耐熱性のあるカビも存在するため
熱処理を行っても毒性が消えることはありません。

そして、カビは見た目だけで有害か無害かは
素人では判断できません。

アレルギーを持っているお子様や、
体調がすぐれないときに口にしてしまうと
取り返しのつかないことに…

というような可能性があることを
念頭に置いてくださいね。

鏡餅のカビ防止には焼酎がいい??

鏡餅のカビを予防するには
食品用のアルコールがいいとされています。

中でも手軽な方法として焼酎を使うという方法があります。

焼酎は純度が高くピュアで癖のない、甲類がベストです。

お餅の表面に吹きかけ、乾いた布巾やキッチンペーパーで
全体になじませるように拭き取ります。

または焼酎(アルコール)で湿らせた布巾で
餅を拭き取る方法でもOKです。

まとめ

お餅に生えてしまったカビは実は危険だらけでした。

一年の無病息災を祈るつもりが、正月早々
体調を崩してしまっては元も子もないですよね。

ちょっとしか生えていないんだからもったいない
という気持ちはグッと押さえて(涙)

カビを予防して、安全な鏡開きを行ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする