暖房|ファンヒーターとサーキュレーターの使い方と置き方で効率アップ

今年の冬は節約のために暖房を使う時間を減らす!

なんて家族に宣言していた私ですが、早くもリタイアしてしまいました…

物心ついたころから自宅にエアコンはなく、
真冬は石油ファンヒーターで過ごしてきたため
現在も部屋全体を温める暖房器具はファンヒーター一択になっています。

以前、北関東でエアコンのみで真冬を過ごしたのですが、
体の表面しか温かみを感じず、ファンヒーターが恋しくてたまらなかったものです。

これから春までファンヒーターと切り離せない生活を
送るうえで暖房効率をよくするためにおすすめしたいのが

サーキュレーター

使い方や置き方を知るだけで、暖房効率がグッと上がります。

暖房代の節約はもちろん、寒がりの方にもおすすめなので
是非、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

暖房効率アップ!サーキュレーターとファンヒーター

数年前、暖房効率をあげるにはサーキュレーターや扇風機がいいと聞き
漠然とした浅い知識で試したところ

「さ…寒い…」

大して上向きにならない扇風機を回しただけなので
期待していた効果を感じられませんでした。

暖かい空気は天井の方にたまるというのは当たり前の知識ではあるのですが、

そのときの私は暖房の効いた部屋の天井に手をかざして

「全然変わらないじゃん」

我が家の天井に温かい空気はないという謎の結論を出して
扇風機を押入れにしまってしまいました。

ファンヒーターで部屋を暖めるということは現状が限界、
これ以上暖房効果を上げることも節約も無理!
と数年、これまで通りの使用方法で冬を乗り切っていたのですが

先日、プロパンガス値上がり予告のハガキが…
1㎥あたり30円の値上げの記載。

さ、さ、30円!?

底冷えの寒さ真っただ中にこの仕打ち。
都市ガス物件に引っ越したい…

そんな背景もあり再びこの方法にチャレンジしてみることに。

ですが私、サーキュレーター持っていません。

が、昨年購入した扇風機がサーキュレーター代わりを
してくれる形態なので、こちらで試してみました↓

yamazen 【17夏物家電】ミニリビング扇風機ミディファ MR-C20-WV

なんと真上まで角度を変えられるうえ、そのまま首振りも可能なのです。

風力を”強”にし、5分程経った頃には天井にたまった暖気が巡回され、
部屋の温度はあっという間に3℃も上昇!

ここでいつもなら暖房を消し、しばらくするとすぐ冷えて
数十分でまた点けるというのを繰り返すのですが、

スポンサーリンク

暖房を消した後も、扇風機を回しているだけで
部屋の温度が保たれている時間を長く感じることができ、
節約に期待できる!と実感できました。

サーキュレーター自体は2,000円程度で売っているもので
十分ですし年中使えるので買って損はないかと思います。

こちらは安価でいいですね♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンパクトサーキュレーター 固定タイプ PCF-HD15N-W PCF-HD15…
価格:2180円(税込、送料無料) (2018/2/23時点)

ファンヒーター使用時のサーキュレーターの使い方は?

サキュレーターは上向きにし、対応していれば首振りさせます。
暖かい空気を下に対流させることによって
部屋の温度のムラを解消させましょう。

ご存知かとは思いますが、サーキュレーターは扇風機に比べて
風力が強いためファンヒーターに向かっての使用はやめましょう。

最悪、火事になりかねません。
小さいお子様がいるご家庭は特に注意してくださいね。

※サーキュレーターと扇風機の違い
・扇風機…幅広く風を拡散させる。
・サーキュレーター…スポットで強い風を飛ばす。

ファンヒーターとサーキュレーターの置き方は?

部屋の構造や家具の配置によって難しい場合もありますが、
ファンヒーターは窓に近い場所へ置きましょう。

暖房器具は窓を背にして置くことで、部屋の奥側へ向かって熱が届き
その暖かい空気が巡回するので暖房効果も大きくなります。

サーキュレーターは部屋の真ん中に置くことにより
空気の循環をより効果的に行います。

まとめ

この方法は特に目新しいわけではなくむしろ定番なのですが、
使い方を間違えると意味がないんですよね。

まさに数年前に実行したときの私…

今回、正しい方法で試してみたところ
感動の結果が…!!!
なんていう喜びと同時に、このウン十年、無駄に灯油を
使っていたのかもしれないと後悔の念が襲ってきました。

とまぁ気持ちは切り替えて、
この冬の燃費代がどれくらい減るか楽しみです。

とてもおすすめなので是非お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする