湯たんぽのお湯の温度と量はどれくらい?安全なお湯の入れ方をご紹介

寒ーい冬に大活躍の湯たんぽ。
大変重宝されている寒さ対策のグッズのひとつです。

しかし、いざ湯たんぽを使おうとなると
正しい使い方がわからない!
という方も多いはず…

実際、私も今年が湯たんぽデビューであり
ポリエチレンのスタンダードなものを買ったものの、
詳しい使い方の説明書が添付されていたわけでもなかったので
自己流になってしまい、間違った使い方をしていました。

今回は湯たんぽを使う上で、
適切なお湯の温度、量、入れ方をご紹介します。

スポンサーリンク

湯たんぽのお湯の温度は何度がいいの?

湯たんぽに入れるときのお湯の適切な温度は

70℃前後です。

熱めがいい!という方でも80℃以下にしましょう。
(素材によって違います。取説があればそちらを優先で)

私は電気ケトルで沸かした直後にINしていました…

専用のカバーの袋で包んで使用していましたが
やはり熱く、やけどの危険性があるため
100℃近いお湯の使用は避けましょう。

また、心地よいと感じる温度であっても
皮膚の同じ部分の接触時間が長いと
低温やけどのリスクが高まるので注意しましょう。

ちなみに低温やけどの接触時間と温度の関係は
↓こちらを参考にしてください。↓

温度 接触時間(目安)
44 3時間~4時間
46 30分~1時間
50 2分~3分

参考:国民生活センターwww.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201511_07.pdf

湯たんぽのお湯の量はどれくらい?

お湯の量はキャップの口元まで満タンにしましょう!

お湯の量が少ないと内部の気圧の変化で
本体に歪みが生じたり、キャップが開かなくなったり
壊れてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

商品や素材、種類にもよりますが、
本体自体に満タンにするよう
注意書きがされているものも多いかと思います。

安全に、長く使うためにお湯はたっぷり注ぎましょう。

湯たんぽへの安全なお湯の入れ方

種類やタイプ、大きさによって口元の広さが異なります。

私は1.7ℓのものを使っており
注ぎ口は直径約3㎝ほどなのですが、
電気ケトルからお湯を注ぐときは結構な頻度で
こぼしてしまいます。

家族は0.6ℓのものを使用していましたが
注ぎ口はさらに小さく、大量にこぼしてしまいました。

不器用も相まっていますが、
そんなときに便利なものは漏斗です。

熱伝導率の高い金属製より
シリコン製のほうがおすすめです。

100均でも売っているので買って損はありません。

まとめ

高温のお湯を使用しているため、
たかが湯たんぽと侮っていると
大惨事に繋がる可能性があります。

手軽な寒さ対策なのに、誤った使い方を続けると
だんだん億劫になってしまいます。

正しい使い方で快適な湯たんぽライフにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする