喪中の年賀状の返事をする時期はいつ?文例を紹介!メールはあり?

前年に身内を亡くしたため喪中はがきを送り、
静かな正月を過ごしていたものの
年賀状が届いてしまうことがありますよね。

喪中はがきを送っていた方や、
例年やり取りしていなかった方から受け取ったり

もしくは喪中はがきを出しそびれていたなど
理由はさまざまかと思います。

この場合、返信はいつするべきか、
どのように書くべきか、
メールで済ませても大丈夫かなど
悩まれることが多くなると思います。

今回は上記の悩みを解決すべく調べたことを
まとめましたので、お役に立てていただければと思います。

スポンサーリンク
  

喪中に年賀状が届いた場合、返事を出す時期はいつ?

喪中に年賀状が届いたときは寒中見舞いか挨拶状として
松の内が明けた1月7日~立春の2月4日まで出すようにしましょう。
(関西では15日が松の内にあたります。)

使用するはがきは通常の官製はがきで大丈夫です。
私製はがきで出す場合、切手は通常のもので。
弔辞用の切手は用途が違うので使わないようにしましょう。

ただし喪中はがきを送った相手から年賀状が届いた場合は
タイミングの違いで既に年賀状を送ってしまっていた後か
宛名リストの外し漏れなどの事情があるかもしれないので
寒中見舞いでお知らせする必要はないでしょう。

喪中に届いた年賀状の返事をするときの文例を知りたい

パターン別で紹介します。
マナーに配慮し、お相手に失礼のないよう文面に気を付けましょう。

喪中はがきを出さず、年賀状を頂いてしまった方への文例

寒中お見舞い申し上げます

このたびは丁寧な念頭のご挨拶ありがとうございました
皆様ご健勝でお過ごしとのご様子、何よりと存じます
当方、亡き【続柄・個人の名前】の喪中につき年頭の挨拶を
控えさせていただきました
ご通知が遅れました非礼を深謝いたします
本年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

二○○○年 一月

故人宛に年賀状が届いたときの文例

寒中お見舞い申し上げます

このたびは年頭のご挨拶を頂きありがとうございました
【続柄・個人の名前】は【死去年月】に他界いたしました
旧年中にお知らせ申し上げるべきものを、
年を越してしまいましたご無礼の段、どうかお許し願います
故人が生前に賜りましたご厚情に深謝申し上げますとともに、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

二○○○年 一月

スポンサーリンク

喪中の年賀状の返事をメールでしてもいい?

時代は流れ、年賀状の文化も廃れている昨今ですが、
寒中見舞いをメールやSNSツールで送ってもいいかと
悩まれている方もいらっしゃると思います。

メールは何かと便利なツールではありますが、
年賀状を受け取った場合にメールで返信することは
お相手に対し失礼にあたります。
きちんと寒中見舞いのはがきを出すようにしましょう。

しかし喪中だと知らないお相手から年賀メールが
届く可能性があります。
その場合は「おめでとう」「年賀」「賀正」などの
言葉は避け、
「メールありがとうございます」や
「今年もよろしくお願いします」

にとどめ、松の内を待たずとも送信して構いません。

お相手には新年の喜びの気持ちに水を差さないよう
喪中だとは知らせない方がいいでしょう。

まとめ

喪中にもかかわらず年賀状が届いた場合は
ありがたく受け取りましょう。
また、お相手は喪中である事を知らなかったため
故意で送ったわけではないので気を悪くしないで下さい。

年賀状を頂いた方に対しては松の内が明けから立春までと
送る時期に気を付け、メールではなく寒中見舞いでご挨拶をすること

また、メールを頂いた場合は喜びの言葉は避け
自身が喪中だとは知らせずに返信しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする